HOME>トピックス>入試方法が多種多様なので受験がしやすいです

目次

AO入試で得意分野をアピール

男性

AO入試を導入している私立大学が多いことから、自分の得意分野を積極的にアピールして希望大学に進学するチャンスがあります。AO入試の場合、入試日程が早いところが多いため、しっかりと準備をして望む必要があります。

幅広い人材を集めようとする姿勢

大学生

私立大学では様々な入試方法により学生を集める方針を打ち出しています。そのため、幅広く優れた人材を集めたいという大学側の姿勢を垣間見ることができます。実際、入試日程は国立大学のように固定化していないので受験がしやすいです。

一般入試は2月に集中している

一般入試は1月下旬から2月に集中する傾向が強いです。これは、国立大学と私立大学の併用受験を可能とするもので、入試日程を調整する必要があるためです。一般入試では、私立大学を滑り止めとして考えて受験する人も多いのが特徴です。

日程によっては複数大学の受験が可能

私立大学の場合、入試日程は大学ごとに大きく異なります。有名私立大学の場合、受験希望者も全国から集まるため、入試日を複数設けたり、入試会場を地方に設置したりするなどして学生が受験しやすいよう環境を整える努力を行っています。また、入試の日程によっては複数回チャレンジすることができるので、受験方法を自分に有利になるように選ぶことで合格の可能性を高めます。

広告募集中