自宅での勉強がメイン

女子学生

高校には、全日制とか定時制と通学して学ぶ教育課程が一般的ですが、その他にも通信制を利用して学ぶ方法も存在しています。この通信制高校は全日・定時と大きな違いがあり、通信をメインとした教育のため登校日数などはごく少なくなっています。登校日数が少ないのですが、卒業することで高校卒業の資格を得ることが出来ます。通信高校を卒業するには、3つの条件をクリアする必要が出て来ます。まずは在籍期間が3年以上必要と言うことで、2年とか1年と言った短期間での卒業はありません。これは学校法で決められており、初年度のたくさんの単位を取得したからと言って、早期の卒業は出来ないことになっています。そして3年間で74単位を取得することが必要です。単位取得方法として、勉強したことをレポート提出が必要になり、スクーリングからテストが行われます。これらのことを繰り返すことで全ての単位取得を目指すことになります。

通い方などに大きな違いも

通信制高校で学びたいと考える人には、それぞれの理由があると思われます。不登校になり全日制高校を退学してしまったとか、中学卒業のまま社会人になったけれど高校卒業の資格が欲しくなったなど、それぞれに学び方に違いがあって当然なことになります。学び方の動悸に違いがあることから、学校を選ぶポイントも違って来ることになるはずです。例えば働きながら学校の費用をまかないたいと考えるような人は、公立の学校を選ぶことをお勧めします。公立と私立とでは学費の違いが大きくなり、家計の費用負担が少なく終わるのは公立高校となります。私立高校になると、公立高校の3倍以上の費用がかかる場合が多く中には10倍近い学校の存在も出て来ています。

スクーリングに出られる高校を

卒業するためにはスクーリングと呼ばれる登校する日が指定されます。このスクーリングをキチンとこなす必要が出て来るのも、通信制高校の特徴です。スクーリングとは教師からの面接指導に当たります。スクーリングは学校によって違いがありますが、多くは週もしくは月に2~3回程度の登校とされています。中には年に一度とか数度にわたる合宿形式で集中的に行う学校も存在しています。通信制と言うことからも学校に通いにくい人の対策と言っても良いのでしょう。そして通学範囲の違いでも学校を探すことが出来ます。学ぶための通学区域によって、広域と狭域に分けられています。広域の通信制高校では、全国もしくは3つ以上にわたる都道府県の生徒が対象になり、狭域と言われる所では高校所在地ともう一つの都道府県の生徒を募集することになります。この広域高校を選んだ時、スクーリング受講が可能な地域であることが大事です。学校が遠すぎて通うことが出来ないことになってしまうことのないようにしましょう。

広告募集中